アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ レッスン 練習 身体の仕組み

筋感覚に頼らないなら何に頼る?

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

前回の記事で筋感覚や痛みや圧迫感はずっと使える奏法のフィードバックにはなりえない、ということでした。

指の痛み

では何を頼りに奏法をコントロールすればいいのでしょうか。

私たちが演奏技術を磨くのは、当然ながら音楽のためですね。

出ている音がどうなってるか、ということを判断の基準にするのが一番おすすめです。

どんな音が出したいのかがまだ明確でない始めたばかりの初心者さんは、つい「正しい奏法」を目指して筋感覚に頼ってしまいます。

だからどっちへ進みたいのかという望みを引き出しつつ、圧力や吹き込みの重さを求める迷宮に入り込んでしまわないようにサポートしてくれる人の存在って大きいですね。

動作そのもののためでなく音楽のために奏法のコントロールが必要なんだということを忘れないでいたいものです。

また音を指針にと言っても色々注意するポイントがあります。

ただ
キレイな音が出た
音量が増えた
高い音が出せた
ということだけでは音楽をするのに用は足りませんよね。

トランペット

音楽の中では大きな音も小さな音もきれいな音も激しい音も必要です。

吹き込みの重い仕掛けで大きな音にはなったけれど、小さい音はかすれてしまって全く出ない・・・

なんてことになってはその奏法にこだわる意味がありません。

音を聴いて奏法を判断するときに、ひとつの音がきれいに出るかどうかではなく、

どんな音域でどんな表現でも柔軟にできるかどうか、という自分の音の聴き方のポイントも気にしておきたいですね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, レッスン, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド