楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

前回の記事
筋感覚や痛みや圧迫感はずっと
使える奏法のフィードバックには
なりえない、ということでした。

指の痛み

では何を頼りに奏法を
コントロールすれば
いいのでしょうか。

私たちが演奏技術を磨くのは、
当然ながら音楽のためですね。

出ている音がどうなってるか、
ということを判断の基準にするのが
一番おすすめです。

どんな音が出したいのかが
まだ明確でない始めたばかりの
初心者さんは、
つい「正しい奏法」を目指して
筋感覚に頼ってしまいます。

だからどっちへ進みたいのか
という望みを引き出しつつ、
圧力や吹き込みの重さを求める
迷宮に入り込んでしまわないように
サポートしてくれる人の存在って
大きいですね。

動作そのもののためでなく
音楽のために奏法のコントロールが
必要なんだということを
忘れないでいたいものです。

また音を指針にと言っても
色々注意するポイントがあります。

ただ
キレイな音が出た
音量が増えた
高い音が出せた
ということだけでは音楽をするのに
用は足りませんよね。

トランペット

音楽の中では大きな音も小さな音も
きれいな音も激しい音も必要です。

吹き込みの重い仕掛けで
大きな音にはなったけれど、
小さい音はかすれてしまって
全く出ない・・・

なんてことになっては
その奏法にこだわる意味が
ありません。

音を聴いて奏法を判断するときに、
ひとつの音がきれいに出るかどうか
ではなく、

どんな音域でどんな表現でも
柔軟にできるかどうか、という
自分の音の聴き方のポイントも
気にしておきたいですね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。