楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

「感じたように演奏する」
なんていう言葉を
たまに耳にしますが、
それってどういうことでしょうか。

胸に手を置く女性

マネをすることって、
耳を育てるのと
再現技術を磨く以外に
もうひとつ別の効果もあります。

「型破りというのは基本になる型を
身に付けてるからできるのであって
そうでなければただの形無しだ」

なんて言葉がありますよね。

刀

意外なようですが、
音楽は感覚だけの芸術
ではありません。

たとえば。

アフリカの打楽器と人の声だけを
使った音楽に触れて
生きている人には、
西洋音楽は意味不明です。

美しいとさえ思わないでしょう。
むしろ、リズムがあまくて
居心地が悪いはずです。

音楽は洋の東西を問わずある程度の
共通認識があってこそ
伝わるものです。

「感じた通りの表現」というのは、
濁った音は不安で緊張感があり
透き通った音はホッとする、など
基本的な共通認識が
身についてからの話です。

濁った和音から透明な和音に
安定を求めて進む、
という西洋音楽では
当たり前の進行も、

濁っている音がカッコいい!
それが持続するほどがクールだぜ!

という民族には通用しません。

そして初めて楽器を持った時に
どこでどう和声が進行しているか、
その中でどうやって
フレーズを運ぶか、そういう分析を
するのは大変すぎます。

それよりもまずはわかっている人の
演奏をコピーすることで感覚的に
身に付けるのが手っ取り早いです。

ということで、
まずはアナリーゼをできる人が
どういう風に解釈するか
それをどう表現するかってことが
実演されてる音源を徹底して
まねしてみるというのは
とても大切なことなんですね。

ピンと来たら取り入れてみて
くださいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。