楽器練習効率化ガイドブック

前回までは耳を鍛えるのが
一番大切、というお話でしたね。

今回はマネをすること
についてです。

有吉尚子です。こんにちは!

的確に音を聴ければ憧れの奏者の
マネだってできちゃいますよね。

親子

素敵だなと思う演奏の
コピーをすること、
これってジャズのアドリブの練習
だけじゃなくて
クラシックでもよくやります。

「マネをするのが上手な人
ほど上手くなる!」

なんていうのは本当ですね。

というのは、
正確にそっくりにマネをするため
には細かなニュアンスを聴く耳と
それを自分の楽器で再現する
コントロール技術が必要だから。

とはいえマネと言われると
なんだかなあ、
という気がしますか?

個性について考えちゃう、
というのもよく分かります

ここでいうマネをするというのは
引き出しにアイデアを
ストックするためでもあります。

ただのパクリではありません。

好きにアドリブで
ルバートしていいよ!

自由にやってみて!

なんて言われても、
ほんの一握りの人以外は初めは
どうしたらいかわからないことが
ほとんどです。

テンポをどう動かせる
可能性があるのか、

音量や音色はどういう変化を
つけることができるのか、

たくさんのサンプルを聴いていれば
自然な欲求として
出てくるのが当たり前になって、
初心者にもそれを期待しちゃったり
ということもあります。

でもまったく初めてのときは、
色んなサンプルを自分の引き出しに
入れることがスタート。

空っぽの引き出しから
何か良いもの出して来なさい!
と言われたってムチャですからね。

目の前のフレーズを
誰かが演奏してあげて、
マネしてごらんなんていうのは
とっても有意義な
レッスンになります。

ぜひ取り入れてみてくださいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。