ソルフェージュ レッスン 合奏・アンサンブル 練習

マネをするほど上手くなる!

Pocket

前回までは耳を鍛えるのが一番大切、というお話でしたね。

今回はマネをすることについてです。

有吉尚子です。こんにちは!

的確に音を聴ければ憧れの奏者のマネだってできちゃいますよね。

親子

素敵だなと思う演奏のコピーをすること、これってジャズのアドリブの練習だけじゃなくてクラシックでもよくやります。

「マネをするのが上手な人ほど上手くなる!」

なんていうのは本当ですね。

というのは、
正確にそっくりにマネをするためには細かなニュアンスを聴く耳とそれを自分の楽器で再現するコントロール技術が必要だから。

とはいえマネと言われると「なんだかなあ、」という気がしますか?

個性について考えちゃう、というのもよく分かります

ここでいうマネをするというのは引き出しにアイデアをストックするためでもあります。

ただのパクリではありません。

好きにアドリブでルバートしていいよ!

自由にやってみて!

なんて言われても、ほんの一握りの人以外は初めはどうしたらいかわからないことがほとんどです。

テンポをどう動かせる可能性があるのか、

音量や音色はどういう変化をつけることができるのか、

たくさんのサンプルを聴いていれば自然な欲求として出てくるのが当たり前になって、初心者にもそれを期待しちゃったりということもあります。

でもまったく初めてのときは、色んなサンプルを自分の引き出しに入れることがスタート。

空っぽの引き出しから「何か良いもの出して来なさい!」と言われたってムチャですからね。

目の前のフレーズを誰かが演奏してあげて、マネしてごらんなんていうのはとっても有意義なレッスンになります。

ぜひ取り入れてみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-ソルフェージュ, レッスン, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド