コミュニケーション ソルフェージュ レッスン 合奏・アンサンブル 練習

ニュアンスが聴けないと・・・?

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

前回の記事では繊細なニュアンスが聴き取れていないとどんなことが起きるでしょうか、
ということでした。

疑問の余地は無いと思うのではっきり言ってしまうと、繊細なニュアンスを感じ取れなければ仲間の抑揚に合わせられずアンサンブルから置いていかれてしまいます。

置き去り

置いていかれてることに気づいたら次は修正することができますよね。

それなら二回目に音を出した時にはちゃんと合わせられるので心配することはありません。

ではもしも、ズレてることに気付けてすらいなかったら・・・

いちいち仲間から指摘されなければ修正することもできないので、もう次は誘ってもらえないかもしれません。

自分の認識できないレベルで足りてないことがあるなんてちょっと怖いことですね。

音楽をする上で、感覚の目盛りが細かいことはとっても大切なことです。

音程の高い低いがわかるからって油断はできないかもしれませんよ!

なーんて。

怖いことを言いましたが、安心してくださいね!

感覚の目盛りは大人になってからでも研ぎ澄ますことはできます。

注意して周りのニュアンスまで聴こうという意図のある方は注意のポイントさえ明確なら必ずちゃんと聞こえるので大丈夫。

ちゃんと聴こえていれば相手に合わせるのか逆にギャップを出すために相手と違うことをするのか、なんて選択もできてアンサンブルはより楽しくなりますね。

GOODサイン

アドバイスするときはどうせなら高い低い速い遅いなんてことだけでなく細かなニュアンスまで含めて聴いてそれにどう反応するのかなんてことまで伝えてあげたいですね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, ソルフェージュ, レッスン, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド