楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

前回の記事では
縦横だけでなく繊細な音色の変化や
テンポの揺らぎが聴き取ること、
それがアンサンブルに必要な耳
ですよ、というお話でした。

これって、聴力検査で測れる
振動を感じる機能の問題では
ありません。

ヘッドフォンの男性

生まれつきセンスがないから
才能がないからできない・・・

なんていう種類のこと
じゃないですね。

複数の音を聞き分ける能力
や小さな振動を感じる能力
が優れてる人はいますが、
音楽は世界共通ではなく
それぞれの文化的価値観
があって成り立ってるので
生まれつき音楽的な耳を
持ってる人もいないんです。

みなさんがソルフェージュの
訓練や長い間の音楽生活の中で
身につけてきたのと同じように、
どんな天才のような人でも
必ず後天的に身につけています。

(小さい時の家庭環境などで
門前小僧的に身につけたため
正式にトレーニングは受けてない、
という人はもちろんいます。)

そしてこの耳の感度の繊細さって、
大人になってからでも
身につけることはできます。

大人になってから
音楽の勉強を始めたのに
ちゃんと音楽のお仕事を
できている人がたくさんなのが
いい証拠ですね。

だから
「自分はセンスがないから」
「小さい時からやってないから」
「先生は才能があるんでしょ」
という人に出会っても
その気になればサポート
してあげられることは
たくさんあるんですよね。

何かと理由をつけて簡単に諦めて
しまいそうな人でも、
もしも本人が本当にやりたいと
思うならサポートできる手段を
持っていたいものですね。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。