ソルフェージュ レッスン 思考と心 練習 身体の仕組み

才能なんて関係ありません!

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

前回の記事では縦横だけでなく繊細な音色の変化やテンポの揺らぎが聴き取ること、それがアンサンブルに必要な耳ですよ、というお話でした。

これって、聴力検査で測れる振動を感じる機能の問題ではありません。

ヘッドフォンの男性

生まれつきセンスがないから才能がないからできない・・・

なんていう種類のことじゃないですね。

複数の音を聞き分ける能力や小さな振動を感じる能力が優れてる人はいますが、音楽は世界共通ではなくそれぞれの文化的価値観があって成り立ってるので生まれつき音楽的な耳を持ってる人もいないんです。

みなさんがソルフェージュの訓練や長い間の音楽生活の中で身につけてきたのと同じように、どんな天才のような人でも必ず後天的に身につけています。

(小さい時の家庭環境などで門前小僧的に身につけたため正式にトレーニングは受けてない、という人はもちろんいます。)

そしてこの耳の感度の繊細さって、大人になってからでも身につけることはできます。

大人になってから音楽の勉強を始めたのにちゃんと音楽のお仕事をできている人がたくさんなのがいい証拠ですね。

だから

「自分はセンスがないから」
「小さい時からやってないから」
「先生は才能があるんでしょ」

という人に出会ってもその気になればサポートしてあげられることはたくさんあるんですよね。

何かと理由をつけて簡単に諦めてしまいそうな人でも、もしも本人が本当にやりたいと思うならサポートできる手段を持っていたいものですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-ソルフェージュ, レッスン, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド