アナリーゼ コミュニケーション 個人レッスンのご感想 思考と心 生徒さんの声 試奏会のご感想

フレーズの歌い方がわかりませんでした

歌い方がわからなかったり
フレーズの中で音を押したり
引いたりしてしまう癖にお悩みの
大学生クラリネット奏者さんが
レッスンにいらっしゃいました。

ご自身の演奏に対する考え方や
心のありようを深く見つめて
みることで解決につながる
発見があったそうです。

技術や知識だけでなく
どんなスタンスで音楽に関わって
演奏したいと思うかなんて考えも
表現を左右するんですね。

とても興味深いレッスンでした。

クラリネット下から

そんな大学生クラ吹きさんから
いだいた感想をご紹介します。

▼▼▼ここから▼▼▼

●この試奏会・体験レッスンに
申し込んだキッカケは何ですか?

メールマガジンを拝見し、
受講を決意しました。

●試奏会・体験レッスンの前の
お悩みはどんなことでしたか。

フレーズの中で音を押したり
引いたりしてしまう癖が
ついてしまっていて、
どうすれば真っ直ぐ吹く事が
出来るか模索していました。

フレーズの歌い方もよく分からず、
悩みの種でした。

●解決した・解決できそうな
ことはありましたか。

音楽を奏でるためには、
何かしらの「意図」「イメージ」
を持って演奏すべきだと
感じました。

音を押したり引いたりしてしまう
原因は、自分の中にある
「吹いてただ満足してしまう心」
だということが分かりました。

「やりたいことをやりたいときに
できるのがテクニック」
という言葉が心に響きました。

仲間に教えるときは相手が今何を
考えていて自分にはどんな
アプローチが出来るのか、
とても深く考えさせられました。

●この体験レッスンはどんな人に
オススメだと思いますか。

日頃から漠然と練習している人に
オススメだと思います。

●有吉尚子ってこんな人でした。

「なぜ」を教えてくれる
素敵な先生でした!

▲▲▲ここまで▲▲▲

じまおさんはこの前日に行った
試奏会にも参加されて、
熱心に音色の違いを確かめて
いらっしゃいました。

レッスンでもたくさんのことを
質問されて、
とても積極的に学ぶ姿勢を
お持ちでしたね。

吹奏楽でもリーダー的な立場で、
奏法や相手への伝え方を
深く考えていらっしゃるそう。

これとこれが知りたい!という
はっきりした熱意のある方は
学びの質が上がりますね!

まだお若いのでこれからも
きっと熱心に探究を続けられるの
でしょうからいつかまたお会い
するのが楽しみです。

じまおさん、
どうもありがとうございました!

レッスンのスケジュールと
詳細はこちらからどうぞ。
▼▼▼▼▼
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, コミュニケーション, 個人レッスンのご感想, 思考と心, 生徒さんの声, 試奏会のご感想

© 2020 聴く耳育成メソッド